歯周病 – 浦和 歯医者 丸山歯科医院

歯がしみる!知覚過敏と虫歯の違い

冷たい飲み物や食べ物を噛んだとき、歯にピリッとしみるような痛みを覚えたことはありませんか?「えっ、虫歯!?毎日ちゃんと歯磨きしているのに!?」。もしかすると、それは虫歯ではなく、知覚過敏かもしれません。

知覚過敏、どうして「しみる」「痛む」のか?

知覚過敏は、正式名を「象牙質知覚過敏症」といいます。

この症状はまだまだ解明されていない部分も多いのですが、歯の「象牙質」という層に直接与えられる刺激が、しみるような痛みにつながっていると考えられています。
象牙質は、歯の表面を覆うエナメル質の下にある組織です。歯の表面のエナメル質は痛みを感じることはありません。一方、内側の象牙質にはたくさんの象牙細管が存在し、歯の根の神経につながっているため、固いものが当たったり熱いものや冷たいものが触れたりすると痛みにつながります。

このように何らかの理由で、エナメル質が失われ象牙質がむき出しになってしまうと、象牙質が直接刺激を受けてしまうのです。

エナメル質を失う原因としては、歯ぎしりのほか、事故などによる歯の欠損や噛み締める力が強すぎるための裂傷、加齢、歯周病などが挙げられます。また、過労、妊娠といった精神的・肉体的なストレスが原因となるケースもあるようです。

虫歯と違う?知覚過敏ってどんな症状?

知覚過敏でも虫歯でも、「冷たいものがしみて痛みを伴う」という似た症状がみられますが、知覚過敏の場合は、痛みを感じる時間が短いという特徴があります。
逆に虫歯の場合は、放置することで悪化しやすいため、どんどん痛みが増すことがあります。

また、知覚過敏の場合、冷たいものに限らず、甘いものや、酸っぱいものなども刺激になって痛みを引き起こすことがあります。

歯周病の治療中に知覚過敏になる?

鏡を見て「歯が長くなった?」と感じることがありませんか?加齢や歯周病の影響で、歯ぐきが下がり、歯の根っこの部分がむき出しになってしまうことがあります。そこに、冷たい水や歯ブラシの毛先が当たると、しみるような痛みが生じることがあります。

歯周病の治療の際、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに詰まった歯石を取り除くと、歯の根の部分の象牙質がむき出しになり、治療の水や吸引の風が当たるだけでもしみる、という状態になることがあります。瞬間的なものなので、しばらく経過をみていくうちに症状が無くなることもあります。

時には虫歯を併発して痛みが出ている場合もありますので、自己判断せず、歯科医院で診てもらうようにしてください。

カテゴリー:一般,歯周病,診療一般  投稿日:2019年8月8日

痛い!⾎が出る!?⻭間ブラシの正しい選び⽅

デンタルフロスと同じ位重要になってくるのが「⻭間ブラシ」です。⻭間ブラシは先にブラシがついた⼩さい⻭ブラシのようなもので⻭と⻭茎の間のお掃除にとっても効果的です。ただ⻭ブラシをするだけでは取れないプラークをデンタルフロスと⻭間ブラシを併⽤することによってその除去率は90%にも上がると⾔われています。

痛い!⾎が出る!?⻭間ブラシの正しい選び⽅

…続きを読む

カテゴリー:歯周病,診療一般  投稿日:2018年7月17日

コツをおさえて効果倍増!?デンタルフロスの頻度と使い方

皆さんは歯を磨いた後にデンタルフロスは使用していますか?
日本では「糸ようじ」とも呼ばれ、その名の通り糸で歯と歯の間を磨くものになります。ただ歯ブラシをするだけでは虫歯や歯周病の原因になるプラーク(歯の汚れ)は50%~70%程度しか除去することが出来ないと言われています。
特に歯と歯の間を歯ブラシだけで磨くのは難しく、プラークが残りがちになります。

コツをおさえて効果倍増!?デンタルフロスの頻度と使い方

…続きを読む

カテゴリー:歯周病,診療一般  投稿日:2018年6月14日

どんな時に行けばいいの?口腔外科で扱う主な病気とは?

どんな時に行けばいいの?口腔外科で扱う主な病気とは?

「口腔外科って、どんな時に行けばいいの?」と疑問に思っている人は、多いかもしれませんね。普通の歯科医院との違いが解らないという疑問を抱いている人も居るのではないでしょうか?

ここでは、どんな時に口腔外科で診療を受けるべきなのか、口腔外科で扱っている病気について紹介します。

…続きを読む

カテゴリー:口腔外科,歯周病,診療一般  投稿日:2017年8月17日

歯周病に関するブログまとめ

歯周病は歯周病菌によって引き起こされるお口の中の感染症。歯周病は軽度のものを含めると、歯のトラブルの中でもほとんどの人が経験すると言われています。

今回は、昨年度に書き溜めたブログをまとめてご紹介します。

 

…続きを読む

カテゴリー:歯周病,診療一般  投稿日:2017年6月15日

歯周病になりやすい体質は存在するの?遺伝する?

歯周病になりやすい体質は存在するの?遺伝する?

歯周病は、歯と歯茎の間の溝に歯垢(細菌と代謝物の塊)が溜まって炎症を起こす病気です。ひどくなると歯を支える土台の骨が溶けて歯が動くようになり、抜けてしまいます。

誰しも歯周病にはなりたくないと思うのではないでしょうか。「どういう場合だと歯周病になりやすいか?」を知っておくことで、歯周病予防になるかもしれません。見ていきましょう!

…続きを読む

カテゴリー:歯周病,診療一般  投稿日:2017年4月20日

怖い歯周病。カワイイ赤ちゃんにもうつる?

怖い歯周病。カワイイ赤ちゃんにもうつる?

歯周病をご存知でしょうか?歯肉に炎症が引き起こされ、放っておくと膿が出たり、口臭がひどくなり、最後には歯が抜け落ちてしまう怖い病気です。元に戻すことはできません。

歯周病菌は人から人へ接触感染していく厄介なもので、小さな赤ちゃんがいるお母さんにとっては、心配のタネの一つです。「赤ちゃんも歯周病になったりするの?」という不安にお答えしたいと思います。

…続きを読む

カテゴリー:歯周病,診療一般  投稿日:2017年4月13日

歯茎の腫れが治らない!応急処置のポイントとやってはいけない3つのこと

歯茎の腫れが治らない

歯茎の腫れは、その後に起こることを示すサインでもありますが、知らずに治ってしまった感じがして放置してしまう人も少なくないのではないでしょうか?また自己判断でつぶしてしまったりするなど、応急処置をしているケースも見受けられ、間違った対処方法をして症状が悪化するということもありえます。ここでは、歯が腫れてしまった時の対処方法としての応急処置について紹介していきましょう。

…続きを読む

カテゴリー:歯周病  投稿日:2016年12月2日

歯周病予防効果が期待できる食べ物、悪化させる習慣

歯周病予防の効果が期待できる食べ物、悪化させる習慣

歯周病は軽度のものを含めると、歯のトラブルの中でもほとんどの人が経験すると言われています。歯の健康を維持するためにも、歯周病を予防することが大切です。悪化してしまうと大切な歯を失うリスクがあるのです。そんな歯周病に対して予防効果を発揮する食品、または逆に悪化させてしまう習慣をまとめて紹介していきましょう。

…続きを読む

カテゴリー:歯周病  投稿日:2016年11月25日

お口の中だけではない!歯周病と肺炎の関係

お口の中だけではない!歯周病と肺炎の関係

歯周病は歯周病菌によって引き起こされるお口の中の感染症。歯茎や歯を支える骨に炎症が起こり最終的には歯が抜けてしまう病気です。
最近の研究ではこの歯周病が全身の健康状態に影響を与えるということがわかってきました。歯周病が原因となっている全身疾患の一つに肺炎があげられます。歯周病が口の中だけではなく肺炎につながっているとは、驚きですね。どうして歯周病が肺炎になってしまうのかをご紹介します。

…続きを読む

カテゴリー:歯周病  投稿日:2016年11月18日

 

浦和の地域密着型クリニック、丸山歯科医院