一般 – 浦和 歯医者 丸山歯科医院

年末年始休診のお知らせ

12月29日(日)〜1月5日(日)まで年末年始休診とさせていただきます。
1月6日(月)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般  投稿日:2019年12月25日

詰め物が取れた!その原因と対処法

詰め物が取れた!その原因と対処法

ガムを噛んでいてガリッという嫌な音がしたと思ったら、歯の詰め物が取れていた…なんて経験がある人も少なくないのではないでしょうか?

すぐに歯科医院に治療しに行ければいいのですが、旅行中だったり歯科医院は定休日だったりして、そうもいかないことがあります。とはいえ、歯科医院に行けるまで、いったいどう対処するのが正しい方法なのでしょうか?
ここでは、詰め物が取れたときの対処法について、紹介します。

どうして詰め物が取れるの?

詰め物が取れた!その原因と対処法

詰め物が取れてしまう原因は色々と考えられますが、お口の中は過酷な環境ですから、経年劣化で詰め物が取れやすくなることもあります。加齢とともに顔つきが変わるようにお口の中も変化するので、治療した当時ぴったりだった詰め物が合わなくなってしまった…ということも考えられます。

さらには、詰め物の隙間に虫歯菌が入ってしまい、実は中が虫歯に侵されていたというケースもあります。
歯を噛み合わせる力が強すぎたり、寝ている間に歯ぎしりをする癖があったりする人も、詰め物が外れやすい傾向にあるようです。

取れた詰め物は保管を!

詰め物には、セラミックなど高価なものもあります。詰め物がとれてしまった直後、保管状態が良ければ再利用できることもあるので、取れた詰め物が手元に残っている場合は保管しておきましょう。
保管するときのポイントは、柔らかい密封容器に入れて保管しておくことです。固い金属のケースなどに入れてしまうと、詰め物が傷ついてしまうことがあるので注意しましょう。形が変わったり、乾いたりしないように気をつけてください。

また時々、接着剤などで詰め物を留める人がいますが、絶対にしてはいけません。そこから虫歯になったり、顔が歪んでしまったりすることがあります。

できる限り早めに、歯科医院へ行きましょう

詰め物が取れた!その原因と対処法

詰め物をしているところは何らかの理由があって治療をした後ですから、取れたまま放置しておいてはいけません。治療をする前よりひどい状態になってしまうことがあり、危険です。

また、削って治療した後の歯は、象牙質という柔らかくて虫歯菌に侵食されやすい部分がむき出しになっている状態でありますので、すぐに虫歯になってしまう可能性があります。噛み合わせに不具合が出て、顔が歪んでしまうこともあるので要注意です。

応急処置をしつつも、忘れず、できるかぎり早めに歯科医院にかかりましょう。最近では、虫歯などの治療だけではなく、定期検診などを行う予防歯科が普及しつつあります。日頃から歯科に通いかかりつけの歯科医をもつことで、こうした緊急時も慌てず対応することができます。

生活の上で、気をつけることは?

詰め物が取れた!その原因と対処法

詰め物が取れてしまった歯は、穴がぽっかり空いています。詰め物がとれてから治療が完了するまで、詰め物の取れた部分に食べかすが詰まりやすい状態になっています。

この部分は虫歯菌が繁殖しやすいので、こまめにブラッシングして清潔に保つようにしてください。
また、食事をするときは、できるだけ詰め物が取れた側ではなく、その反対側の歯で噛むようにします。しみることもありますが、しみた場合は、歯科医院に行くまでの間、しみるような食べ物はなるべく口にしないようにしてください。刺激を与えると、残っている歯の部分が欠けたり傷ついたりしやすくなっていますので、十分注意しましょう。

カテゴリー:一般,審美歯科  投稿日:2019年12月19日

歯がしみる!知覚過敏と虫歯の違い

冷たい飲み物や食べ物を噛んだとき、歯にピリッとしみるような痛みを覚えたことはありませんか?「えっ、虫歯!?毎日ちゃんと歯磨きしているのに!?」。もしかすると、それは虫歯ではなく、知覚過敏かもしれません。

知覚過敏、どうして「しみる」「痛む」のか?

知覚過敏は、正式名を「象牙質知覚過敏症」といいます。

この症状はまだまだ解明されていない部分も多いのですが、歯の「象牙質」という層に直接与えられる刺激が、しみるような痛みにつながっていると考えられています。
象牙質は、歯の表面を覆うエナメル質の下にある組織です。歯の表面のエナメル質は痛みを感じることはありません。一方、内側の象牙質にはたくさんの象牙細管が存在し、歯の根の神経につながっているため、固いものが当たったり熱いものや冷たいものが触れたりすると痛みにつながります。

このように何らかの理由で、エナメル質が失われ象牙質がむき出しになってしまうと、象牙質が直接刺激を受けてしまうのです。

エナメル質を失う原因としては、歯ぎしりのほか、事故などによる歯の欠損や噛み締める力が強すぎるための裂傷、加齢、歯周病などが挙げられます。また、過労、妊娠といった精神的・肉体的なストレスが原因となるケースもあるようです。

虫歯と違う?知覚過敏ってどんな症状?

知覚過敏でも虫歯でも、「冷たいものがしみて痛みを伴う」という似た症状がみられますが、知覚過敏の場合は、痛みを感じる時間が短いという特徴があります。
逆に虫歯の場合は、放置することで悪化しやすいため、どんどん痛みが増すことがあります。

また、知覚過敏の場合、冷たいものに限らず、甘いものや、酸っぱいものなども刺激になって痛みを引き起こすことがあります。

歯周病の治療中に知覚過敏になる?

鏡を見て「歯が長くなった?」と感じることがありませんか?加齢や歯周病の影響で、歯ぐきが下がり、歯の根っこの部分がむき出しになってしまうことがあります。そこに、冷たい水や歯ブラシの毛先が当たると、しみるような痛みが生じることがあります。

歯周病の治療の際、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに詰まった歯石を取り除くと、歯の根の部分の象牙質がむき出しになり、治療の水や吸引の風が当たるだけでもしみる、という状態になることがあります。瞬間的なものなので、しばらく経過をみていくうちに症状が無くなることもあります。

時には虫歯を併発して痛みが出ている場合もありますので、自己判断せず、歯科医院で診てもらうようにしてください。

カテゴリー:一般,歯周病,診療一般  投稿日:2019年8月8日

夏季休診のお知らせ

2019年8月11日(日)から8月15日(木)まで休診とさせていただきます。

8月16日(金)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般  投稿日:2019年8月8日

休診のお知らせ

2019年8月3日(土)~8月5日(月)の間、臨時休診とさせて頂きます。
8月6日(火)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般  投稿日:2019年8月2日

いつから始める?1日何回?赤ちゃんの歯磨き4つの疑問

「赤ちゃんは虫歯がないように育てたいけれど、いつから歯磨きをすればいいの?」そんなお悩みをもつ親御さんは少なくないと思います。

泣いて嫌がる赤ちゃんの歯磨きを、ムリヤリするのはかわいそうと感じてしまう親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
ここでは、赤ちゃんの歯磨きについて、よくある疑問についてお話したいと思います。

赤ちゃんの歯磨き4つの疑問

…続きを読む

カテゴリー:一般  投稿日:2019年5月13日

ゴールデンウィーク期間休診のお知らせ

2019年4月28日(日)から5月6日(月)まで休診とさせていただきます。

5月7日(火)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般  投稿日:2019年4月26日

まだまだ先の話ではありません!今すぐ8020運動のススメ(8020 運動)

皆さんは「8020(はちまるにいまる)運動」という⾔葉を聞いたことがありますか?
これは80歳になっても⾃分の⻭を20本以上保とうという運動になります。この運動は平成元年に⽇本⻭科医師会が呼び掛けたことから始まりました。

⼈の⻭は永久⻭が28本(親しらずは含んでいません)あります、⾼齢になった時に20本の⻭があれば健康な⾷⽣活を送れると⾔われており、健康な⽣活にも繋がっていきます。

現在⽇本では⾼齢の⽅の多くが6〜7本程度の⻭しか残っていない⽅が多く、⾷⽣活に不便を感じています。⾷⽣活は⾃分の健康にも⼤きく関わる重要なことです。
「⾼齢=⼊れ⻭」と考えるのではなく、⻭は⾃分のセルフケア次第でいつまでも残しておくことが出来ますので、今から80歳になった時のことをイメージしてしっかりとケアをしていきましょう。

今すぐ8020 運動のススメ

…続きを読む

カテゴリー:一般  投稿日:2019年4月2日

虫歯を作らせない!デンタルフロスの習慣は子供のうちから!

近年、歯ブラシと一緒にデンタルフロスをする習慣が一般的になり、歯の健康に気をつかう方も増えてきました。
ただ、日本では子供の歯にフロスを使うという意識はまだまだ薄く、使用していない方が多いようです。デンタルフロスは大人だけが必要なものではなく、同じように子供の歯のケアにも有効なのです。

デンタルフロスの習慣は子供のうちから

…続きを読む

カテゴリー:一般  投稿日:2019年1月9日

年末年始休診のお知らせ

12月29日(土)から1月4日(金)まで年末年始休診とさせていただきます。

1月5日(土)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般,未分類  投稿日:2018年12月25日

 

浦和の地域密着型クリニック、丸山歯科医院