丸山歯科医院ブログ – 浦和 歯医者 丸山歯科医院

丸山歯科医院ブログ

丸山歯科医院は初診時に丁寧にお話を伺い、検査・診断した上で治療を開始致します。

糖尿病と歯周病の関係

1.糖尿病、歯周病ってどんな病気?

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病は、血液中の血糖(ブドウ糖)が増えてしまう病気です。血糖が高いままの状態が続くと血管が傷付くため、足の切断や失明・心臓病・腎不全といった合併症につながります。糖尿病の原因は、血糖をコントロールするインスリンというホルモンがうまく働かないことや分泌不足です。

歯周病は、歯周ポケットにたまった歯垢・歯石の中で歯周病菌が毒素を出し、その毒素によって炎症を起こす病気です。進行すると歯茎の炎症だけにととまらず、歯を支える歯槽骨をも破壊して歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。

2.どうして関係するの?

糖尿病と歯周病の関係

糖尿病と歯周病は、歯周病が糖尿病へ与える影響と、糖尿病が歯周病へ与える影響の2 つの面から関係しています。

歯周病が糖尿病へ与える影響は、歯周病菌の内毒素が原因です。
歯周病になると歯茎が腫れて出血しやすくなります。歯磨きなどのちょっとした刺激で出血したところから歯周病菌が簡単に血管の中へと侵入してしまうのです。侵入した菌は体の防衛反応で死滅しますが、歯周病菌の死骸に残った内毒素が糖尿病へ悪影響を与えます。

内毒素はTNF-αという物質の生産を促進します。TNF-αは、インスリンの生産を阻害する作用を持っています。インスリンは血糖を取りこんで血糖値を下げるはたらきがあるため、糖尿病の方にとって特に大事なホルモンです。内毒素によって大量生産されたTNF-αがインスリンの生産を阻害するため血糖値が上がってしまいます。
悪影響はさらに続きます。インスリンの生産を阻害されると、体はそれに抵抗しようとより多くのインスリンを生産しようとがんばります。がんばりが長く続くと、インスリンを生産する細胞が疲れきってしまい、普段の量さえも生産できなくなってしまうのです。

糖尿病が歯周病へ与える影響は、糖尿病にかかったことによる体の変化が原因です。
糖尿病にかかると、血管や組織がもろくなり、できた傷の治癒も遅くなります。その上、体をまもる機能が低下するため、菌に感染しやすい状態にもなります。
つまり、糖尿病にかかると、歯周病菌に感染しやすく、感染すると急激に歯周組織が破壊され重症化しやすくなります。

3.予防、治療について

糖尿病と歯周病の関係

歯周病の予防・治療において大切なことは、毎日のプラークコントロールです。
歯周ポケットにたまった歯垢・歯石に住む歯周病菌を除去することで予防と治療ができます。

ご自宅では毎食後の歯磨きの他、歯周ポケットを掃除するデンタルフロスを取り入れましょう。
歯科医院では磨き残してしまった歯垢や自分では落とすことができない歯石を、専用の器具を使って徹底的に除去します。

食後4~8 時間で歯垢はつくられます。食べたら磨く、を意識しないとあっという間に歯垢ができます。大変なことではありますが、歯周病菌との根比べと思って歯磨きに取り組みましょう。

カテゴリー:診療一般  投稿日:2019年9月24日

歯がしみる!知覚過敏と虫歯の違い

冷たい飲み物や食べ物を噛んだとき、歯にピリッとしみるような痛みを覚えたことはありませんか?「えっ、虫歯!?毎日ちゃんと歯磨きしているのに!?」。もしかすると、それは虫歯ではなく、知覚過敏かもしれません。

知覚過敏、どうして「しみる」「痛む」のか?

知覚過敏は、正式名を「象牙質知覚過敏症」といいます。

この症状はまだまだ解明されていない部分も多いのですが、歯の「象牙質」という層に直接与えられる刺激が、しみるような痛みにつながっていると考えられています。
象牙質は、歯の表面を覆うエナメル質の下にある組織です。歯の表面のエナメル質は痛みを感じることはありません。一方、内側の象牙質にはたくさんの象牙細管が存在し、歯の根の神経につながっているため、固いものが当たったり熱いものや冷たいものが触れたりすると痛みにつながります。

このように何らかの理由で、エナメル質が失われ象牙質がむき出しになってしまうと、象牙質が直接刺激を受けてしまうのです。

エナメル質を失う原因としては、歯ぎしりのほか、事故などによる歯の欠損や噛み締める力が強すぎるための裂傷、加齢、歯周病などが挙げられます。また、過労、妊娠といった精神的・肉体的なストレスが原因となるケースもあるようです。

虫歯と違う?知覚過敏ってどんな症状?

知覚過敏でも虫歯でも、「冷たいものがしみて痛みを伴う」という似た症状がみられますが、知覚過敏の場合は、痛みを感じる時間が短いという特徴があります。
逆に虫歯の場合は、放置することで悪化しやすいため、どんどん痛みが増すことがあります。

また、知覚過敏の場合、冷たいものに限らず、甘いものや、酸っぱいものなども刺激になって痛みを引き起こすことがあります。

歯周病の治療中に知覚過敏になる?

鏡を見て「歯が長くなった?」と感じることがありませんか?加齢や歯周病の影響で、歯ぐきが下がり、歯の根っこの部分がむき出しになってしまうことがあります。そこに、冷たい水や歯ブラシの毛先が当たると、しみるような痛みが生じることがあります。

歯周病の治療の際、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに詰まった歯石を取り除くと、歯の根の部分の象牙質がむき出しになり、治療の水や吸引の風が当たるだけでもしみる、という状態になることがあります。瞬間的なものなので、しばらく経過をみていくうちに症状が無くなることもあります。

時には虫歯を併発して痛みが出ている場合もありますので、自己判断せず、歯科医院で診てもらうようにしてください。

カテゴリー:一般,歯周病,診療一般  投稿日:2019年8月8日

夏季休診のお知らせ

2019年8月11日(日)から8月15日(木)まで休診とさせていただきます。

8月16日(金)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般  投稿日:2019年8月8日

休診のお知らせ

2019年8月3日(土)~8月5日(月)の間、臨時休診とさせて頂きます。
8月6日(火)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般  投稿日:2019年8月2日

いつから始める?1日何回?赤ちゃんの歯磨き4つの疑問

「赤ちゃんは虫歯がないように育てたいけれど、いつから歯磨きをすればいいの?」そんなお悩みをもつ親御さんは少なくないと思います。

泣いて嫌がる赤ちゃんの歯磨きを、ムリヤリするのはかわいそうと感じてしまう親御さんもいらっしゃるのではないでしょうか?
ここでは、赤ちゃんの歯磨きについて、よくある疑問についてお話したいと思います。

赤ちゃんの歯磨き4つの疑問

…続きを読む

カテゴリー:一般  投稿日:2019年5月13日

ゴールデンウィーク期間休診のお知らせ

2019年4月28日(日)から5月6日(月)まで休診とさせていただきます。

5月7日(火)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般  投稿日:2019年4月26日

まだまだ先の話ではありません!今すぐ8020運動のススメ(8020 運動)

皆さんは「8020(はちまるにいまる)運動」という⾔葉を聞いたことがありますか?
これは80歳になっても⾃分の⻭を20本以上保とうという運動になります。この運動は平成元年に⽇本⻭科医師会が呼び掛けたことから始まりました。

⼈の⻭は永久⻭が28本(親しらずは含んでいません)あります、⾼齢になった時に20本の⻭があれば健康な⾷⽣活を送れると⾔われており、健康な⽣活にも繋がっていきます。

現在⽇本では⾼齢の⽅の多くが6〜7本程度の⻭しか残っていない⽅が多く、⾷⽣活に不便を感じています。⾷⽣活は⾃分の健康にも⼤きく関わる重要なことです。
「⾼齢=⼊れ⻭」と考えるのではなく、⻭は⾃分のセルフケア次第でいつまでも残しておくことが出来ますので、今から80歳になった時のことをイメージしてしっかりとケアをしていきましょう。

今すぐ8020 運動のススメ

…続きを読む

カテゴリー:一般  投稿日:2019年4月2日

虫歯を作らせない!デンタルフロスの習慣は子供のうちから!

近年、歯ブラシと一緒にデンタルフロスをする習慣が一般的になり、歯の健康に気をつかう方も増えてきました。
ただ、日本では子供の歯にフロスを使うという意識はまだまだ薄く、使用していない方が多いようです。デンタルフロスは大人だけが必要なものではなく、同じように子供の歯のケアにも有効なのです。

デンタルフロスの習慣は子供のうちから

…続きを読む

カテゴリー:一般  投稿日:2019年1月9日

年末年始休診のお知らせ

12月29日(土)から1月4日(金)まで年末年始休診とさせていただきます。

1月5日(土)より、通常診療いたします。 ご了承くださいますようお願い申し上げます。

カテゴリー:一般,未分類  投稿日:2018年12月25日

定期的なPMTC。最も効果的な頻度とは?

皆さんは「PMTC」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?
PMTCとは(Professional Mechanical Tooth Cleaningプロフェッショナルメカニカルトゥースクリーニング)と言いプロによる機械での自費で行う歯のクリーニングのことを言います。歯科医院で主に歯科医師か歯科衛生士が専用の機械を使い、自分では落とせない歯石やヤニなどのステインを落とし、フッ素塗布などの虫歯予防も行う場合もあります。

定期的なPMTC

…続きを読む

カテゴリー:診療一般  投稿日:2018年10月11日

 

浦和の地域密着型クリニック、丸山歯科医院