丸山歯科医院ブログ

丸山歯科医院は初診時に丁寧にお話を伺い、検査・診断した上で治療を開始致します。

マウスガードとマウスピースの違いとは?どこで作れる?

マウスガードとは格闘技をはじめとしたコンタクトスポーツ、ゴルフ、サッカー、ランニングなどのノンコンタクトスポーツなど、スポーツの際に歯に装着する器具です。装着することで歯や口腔内の怪我リスクを下げることができます。

また、歯に良い具合に力が入るようになるためパフォーマンス向上にも役立つのです。マウスガードとマウスピースの違い、そしてどこで手に入れられるものなのか詳しくご紹介します。

マウスガートの特徴・働きについて

マウスガードはプロレス、アメフト、ラグビーのような激しい格闘ではもちろん、卓球、水泳、テニスなどの直接の接触や強い衝撃が加わらないようなスポーツでも人気が高まっています。格闘技系の競技では外力による歯の欠け・脱落・顎損傷のリスクが伴いますし、直接の接触機会が少ない水泳や卓球などでは自身の歯が刃物となり、集中している時に強く歯をかみ合わせるなどした際に口腔内を傷つけてしまうこともあります。

こうした歯や口腔損傷のリスクを下げてくれるのが第1の魅力です。さらにスポーツ競技に合わせて噛み合わせが良くなるように調整して作製するため運動パフォーマンスの向上も見込めます。

マウスガードとマウスピースの違い

マウスガードとマウスピースの見た目は似ています。一見同じものに思えますが、機能が少し違うのです。一般的にマウスピースというと就寝時の歯ぎしりを予防する目的のものや、ホームホワイトニングに使用される漂白溶液を入れるものを指します。どちらにしてもスポーツ時の使用を考慮したものではないので、スポーツ時に歯を守る効果はあまり見込めません。

通常のマウスピースと区別するためにも、スポーツ競技用のマウスピースはマウスガードと呼ばれています。

マウスガードは口腔外科で作製できます

マウスガードはスポーツショップなどで市販品を購入することも可能です。ですが、市販品ではどうしてもフィット感が優れず、呼吸がしにくい、すぐに外れる、違和感があるなどの理由で1度の使用で断念してしまう方も多くあまりお勧めはできません。

しっかりと歯や顎を守るためにもジャストサイズのマウスガードの作製をご検討ください。抜歯や顎関節症、マウスピースの治療を行うことを専門とする口腔外科でマウスガードを作製頂けます。当院にはスポーツ歯科があり、スポーツ時の食いしばりや外傷力を考慮した厚みや大きさを考慮して丁寧にオーダーメイド作製をしております。スポーツ効率を高めたい、歯の安全を考えたいという方はお気軽にご相談下さい。

浦和 歯医者 丸山歯科医院

意外と多いスポーツ時の歯の怪我。スポ  << 前のブログ記事  | 次のブログ記事 >>  休診のお知らせ

ページのトップへ

同じカテゴリの記事

ページのトップへ

 
浦和の地域密着型クリニック、丸山歯科医院