虫歯治療

むし歯治療の実例と、むし歯の原因をお伝えします。

虫歯とは

歯垢(プラーク)中の細菌が酸を出すことにより、歯が溶けて崩壊してしまう病気。虫歯の穴が歯髄(俗に言う神経)まで達すると非常に痛みますが、それまではあまり症状がありません。さらに進行して歯髄が死んでしまうと痛みは治まりますが、歯髄が腐敗して骨内に膿をためる病気へと悪化します。

上記の表のうち、当てはまる項目があれば虫歯の可能性があります。

当院ではレントゲンや検査薬を使用して、現在の状態及び治療法の説明をまず致します。虫歯の治療は健康保険の適用になりますが、治療法及び使用材料により、保険適用外となりますので、不明な点があればお聞き下さい。

ページのトップへ

虫歯の症状と治療法

○ C0

・症状 :
表面が白く濁った色になったり、ザラザラした感じになったりします。
まだ穴は開いていませんが進行する可能性があります。

・治療法
フッ素化合物の塗布や、徹底したブラッシングにより再石灰化が進み健全な状態に戻ることができます。


○ C1

・症状 :
歯に小さいくぼみが出来ていますが、歯の象牙質や神経までは進行していませんので痛みは特に無い状態です。

・治療法
虫歯に犯された部分を削り取り、その部分を金属 や樹脂で塞ぎます。


○ C2


・症状 :
虫歯が象牙質まで進行しています。歯の痛みを感じる状態です。キリキリしたり、冷たいものを口にするとしみたりします。

・治療法
虫歯に犯された部分を削り取り、削った部分を詰め物がしやすいように形を整えます。後日詰め物を入れる場合は、いったん仮の詰め物を入れて、後日詰め物が完成したら来院し、歯と詰め物を接着剤で固定します。


・詰め物について(症状によっては被せ物)

保険治療の場合
金属や樹脂で埋める方法が一般的
自費治療の場合
より精度の高い技工物(歯との隙間が出来にくいもの)や、歯と同色の白いハイブリットセラミック等を使用して埋める方法があります。


○ C3



・症状 
虫歯が歯の神経(歯髄)まで進行しています。歯の痛みをかなり感じる状態です。以前に治療を受け神経を抜いてしまった人や、虫歯が進行して神経が死んでしまった状態です。

・治療法
虫歯に犯された部分を完全に削り取り、歯髄を消毒します。削った部分を被せ物がしやすいように形を整えたり、土台を入れたりします。
後日被せ物が完成したら来院し歯と被せ物を接着剤で固定します。

・詰め物について(症状によっては被せ物)

保険治療の場合
金属や樹脂で埋める方法が一般的
自費治療の場合
より精度の高い技工物(歯との隙間が出来にくいもの)や、歯と同色の白いハイブリットセラミック等を使用して埋める方法があります。



○ C4

・症状 :
虫歯が完全に進行してしまい歯の根しか残っていません。
あごの骨まで虫歯が進行しているとひどく痛んだり、腫れたりします。
・治療法
虫歯が完全に進行しているため抜歯を行ないます。
・抜歯後の治療方法
ブリッジ(周囲に歯がある場合)
入れ歯
インプラント(人工歯根)


浦和の地域密着型クリニック、丸山歯科医院