スポーツ歯科とは

スポーツ時に口の中に入れてケガの予防するための装置、マウスガード(mouth guard)を製作します。
マウスプロテクター(mouth protector)やマウスピース(mouthpiece)とも呼ばれます。

マウスガードの目的

(1)歯の破折・脱臼
(2)口唇・舌・頬粘膜の損傷
(3)顎骨の骨折
(4)顎関節の損傷
(5)脳震盪
などの予防に有効です。

ページのトップへ

マウスガードが有効なスポーツ


格闘技や接触の多いスポーツ(ボクシング・空手・ラグビー・アメリカンフットボール・バスケットボール・サッカーなど)などで有効です。

競技によっては装着が義務づけられているものもあります。
また格闘技や接触の多いスポーツ以外でも装着することをお勧めします。

ページのトップへ

マウスガードの種類

ストックタイプ:市販品として既製のものでそのまま使用するもの。

ボイルアンドバイトタイプ:お湯につけて軟らかくし、口の中で形を作るもの。

カスタムメイドタイプ:歯科医院で歯型に合わせて作るもの。

ページのトップへ

市販のマウスガードの問題点

選手自身で調整することが難しく、
(1)外れやすい
(2)違和感、吐き気がある
(3)呼吸、発音がしづらい
などの問題点が挙げられます。

ページのトップへ

市販品と歯科医院で作るものとの違い

市販品と比べて歯科医院では歯型を採って作るので、ピッタリ合ったものが出来ます。
また形や厚さを選択することが出来ます。

ページのトップへ

製作方法

最初にお口の中をチェックします。
次に歯型、咬み合わせを採りマウスガードの厚さなどの希望を聞きます。
その後マウスガード用のシート材を用いて歯型にプレスして作ります。
出来上がったら再度来院していただき咬み合わせを調整します。

ページのトップへ

作り方の手順

※マウスガードは、保険適用外となります。

関連ページへのリンク

ページのトップへ

浦和の地域密着型クリニック、丸山歯科医院