マタニティ歯科

妊娠中の歯科治療は、気をつけるべきポイントが通常とは異なります。当院では、大学病院にてマタニティ歯科を立ち上げた経験を活かした診察をいたします。

産婦人科の主治医と連携を取り合い、治療いたします

丸山歯科医院のマタニティ歯科は、産婦人科の主治医と連携を取り合い、治療いたします

予約時に妊娠中である旨をお知らせ下さい。

産婦人科の主治医の先生に、歯科治療を行う旨をお伝え下さい。その際、麻酔や服薬など歯科治療に関してのご意見書をご用意いただけると治療がスムーズになります。

当院のレントゲン使用について

妊娠中のレントゲン撮影は、必要と判断された場合に限り撮影します。
なお、当院はより安全な最新のデジタルレントゲンを導入しており、必要な部分だけを撮影するため、受ける放射線量を低減させることができます。

受診をおすすめする時期について

基本的には、妊娠16~27週の安定期をおすすめしています。ただし、体に負担がかからないケアや、至急治療する必要がある場合は、産婦人科の主治医と連携を取り合い治療いたします。

ページのトップへ

流産・早産を防ぎ、マイナス1歳からの虫歯予防を

母体の口腔環境は、お腹の中にいる赤ちゃんにも影響することをご存知でしょうか。

歯周病菌によって流産・早産や低体重児出産のリスクが増加することが知られています。

また、産まれる前から?と思われるかもしれませんが、虫歯菌や歯周病菌などを持たずに産まれてきた赤ちゃんに細菌感染させないためにも、まずは両親の虫歯・歯周病の治療を出産前に行うことをお勧めします。

ページのトップへ

関連ページへのリンク

ページのトップへ

浦和の地域密着型クリニック、丸山歯科医院